SESSION HOUSE【ダンススタジオ 小劇場 ギャラリースペース】

神楽坂ダンス学校 2022年 2月校

2022年
2月11日(金・祝)開講
2月26日(土)公演実施
神楽坂ダンス学校 2022年 2月校

ダンスのはじまりはじまり−4つの振付

ダンスつくり4日間チャレンジ! ダンスの発生から発表まで一部始終を体感してください

2月11日(金・祝) 2月13日(日) 2月19日(土) 2月20日(日)
1限 松本大樹

踊る楽しさを満喫!
『非 在』


11:00-13:50
2限 石渕 聡

作品を映像化してひとから解釈されて、
どんな作用が起こるのか考えてみる


14:00-16:50
3限 太田ゆかり

フロアーから空間に身体の軌跡を描く
『Drawing』


17:00-19:50
4限 伊藤直子

あなたの記憶がダンスシーンを創ります
『Tokyo−そらの下で』


20:00-22:50

 

公演に向けての共通スケジュール

 

2月21日(月) スタッフ下見 21:00-
2月25日(金) 照明合わせ 16:00-  ゲネプロ 20:00-
2月26日(土) 本番 14:00 / 18:00

料金(税込)

4日間通しのみ
¥23,100

 

上記に加え、公演チケット負担 2枚
@\2,000 (計 ¥4,000)があります

 

予約方法

以下のアドレスにメールでお申し込みください。
宛先 セッションハウス企画室
mail@session-house.net
タイトル「神楽坂ダンス学校2022申込」とし、
希望講師名、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、プロフィール(100字程度)を明記ください

 

神楽坂セッションハウス周辺地図

お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805 東京都新宿区矢来町158  
東京メトロ神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
03-3266-0461

 

クラス内容 講師 プロフィール

 

 

松本大樹

松本大樹

2月11日(金・祝) 2月13日(日) 2月19日(土) 2月20日(日)
11:00‐13:50
踊る楽しさを満喫したい!

『非 在』
クラス内容

ワークショップ 4 回での発表ですので、動くことの楽しさ、踊る楽しさを満喫しましょう!

 

対 象

リリーステクニックで作品を踊りたい人

プロフィール

98 年、英国ラバン・センターにてディプロマ取得後、同研究所所属 Transitions Dance Co.入団。01年 SiWiCに選出されスイスにて振付の特訓を受ける。05〜14年、10年間限定企画「樹林之舞」をアンディ・ウォン(香港)と実施。
10 年文化庁在外研修制度の助成を受け、米国リモン・インスティテュートにて研修。東洋大学、非常勤講師。日本工学院講師。セッションハウスでは03年よりクラスを担当している。


 

 

石渕 聡

石渕 聡

2月11日(金・祝) 2月13日(日) 2月19日(土) 2月20日(日)
14:00‐16:50
自分で振付した作品を、映像化して、ひとから解釈されて、どんな作用が起こるのかを考えてみる。

 

対 象

作品を作りたい人

クラス内容

与えられたお題のソロ、または2、3人のグループでそれぞれ身体に関わる作品を作る。すぐにそれを撮影し自分で客体的に鑑賞する。
一方で、その作品が解釈されるのを聞いて自分の意図と比較する。そこでどんなことが生じるのか。言語によるイメージの広がりの偶然性を体験するとともに、ダンス作品の意味について考える。

プロフィール

ダンスカンパニー・コンドルズのダンサー、ガットギターとケーナのプログレユニット・それにゅいのギター&作詞作曲アレンジ担当、SF ロマンファンタジーダンスグループ・チーム鴨川の創設メンバー。大東文化大学文学部准教授。文学博士。NHK 総 合「サラリーマン NEO」内「テレビサラリーマン体操」のピアニスト。著書に『冒険する身体』


 

 

太田ゆかり

太田ゆかり

2月11日(金・祝) 2月13日(日) 2月19日(土) 2月20日(日)
17:00‐19:50
フロアーから空間に身体の軌跡を描く

『Drawing』
対 象

フロアーワーク ( 床での動き ) が好きなダンス経験者

クラス内容

今回は、フロアーでの動きに焦点を当てた作品創りをしていきます。其々の身体とフロアーとの繋がりを深め、そこから生まれる様々な動きとリズムをカタチにしていきます。
タイトルである「Drawing」をキーワードに短い振付フレーズ、1 つのアイディアから、振りを選び出し、装飾したり切りとったり、独自の動きを展開させ、フロアーからあらゆる空間に身体の軌跡を描いていきます。

プロフィール

93-96 年 渡 仏、PETER GOSS、JOSE CAZENEUVE 等 に 師 事。
帰国後 99-11年Dance Theatre LUDENSに所属し12年間の全作品に出演。現在自身のプロジェクトカンパニー TERRITORHYTHM主宰。
様々な音楽家との作品を演出振付。97 年よりアライメントを重視した独自のテクニックを体系化し指導にあたる。ダンスを通してヨガ /ピラティスと出会い指導者資格を取得。
06年より指 導。全 米ヨガ アラ イアンス RYT200時間認定ティーチャー、インド中央政府公認ヨーガインストラクター。


 

 

伊藤直子

伊藤直子

2月11日(金・祝) 2月13日(日) 2月19日(土) 2月20日(日)
20:00‐22:50
―あなたの記憶が ダンスシーンを創りますー

『Tokyo−そらの下で』ショートバージョン
対 象

クリエーションの好きな人、年齢も性別も関係なく、ダンスシアターに興味のある人。

クラス内容

2014年初演、喧騒と静寂、新と旧の交錯する刺激的な場所 “東京 “に住む私たちの物語として生まれました。では 2022年2月、東京に住む私たちの現在はどんなものになっているのでしょう。
世界はふっと元通りになり、人々はまた満員電車に乗っているのでしょうか。
考えてみましょう。私たちの日常のことを。踊りながら、繋がりながら。

プロフィール

26 歳でダンスに出会って、レッスンして積み上げるダンスの面白さに惹かれて今日までダンスの現場と関わっています。
人の踊る姿が好きです。それぞれに違う目的地を持って、うごめく体に驚きます。マドモアゼル・シネマの振付とセッションハウスのダンス企画を受け持っています。


  このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top