セッションハウスとは

セッションハウスとは

セッションハウス外観

東京神楽坂に所在する【セッションハウス】は、 舞台芸術の場としての「B1Fスタジオ」と、美術の場としてのギャラリー
「ガーデン」の2つの場を有し、アートのための総合的空間としての活動しています。

 

1991年、「B1Fスタジオ」をオープン。ダンスを中心に舞台芸術の場として、平日はバレエやコンテンポラリー・ダンスのレッスンスタジオ、週末は劇場「神楽坂セッションハウス」として使用するアートスペースです。

 

1995年、2階に「ギャラリー・ガーデン」を開設。各種ジャンルの展覧会、演劇・ミニコンサートなど、さまざまなイベントスペースとして機能しています。

 

【セッションハウス企画室】は【セッションハウス】の施設を使用した自主公演・イベントを企画制作しています。特に次代を担う若手ダンサーのサポートとダンスの社会への普及を目的に、恒常的な公演活動を可能にするためのスタッフ・ワーク・システムを設け、B1Fスタジオを「ダンスのための小劇場」として、さまざまなタイプのダンス・プログラムを実施しています。


組織図

セッションハウス組織図

セッションハウス企画室
総合プロデューサー
伊藤孝

 

潟Zッションハウス代表取締役
マドモアゼル・シネマ芸術監督
伊藤直子

 

セッションハウス企画室リンゴ企画実行委員会芸術監督
近藤良平


本拠所在地 連絡先

セッションハウスまでの地図

〒162-0805 東京都新宿区矢来町(やらいちょう)158
電話 03-3266-0461
FAX 03-3266-0772
メールアドレス 
mail@session-house.net


セッションハウスとは コンテンツ一覧

マドモアゼル・シネマ主宰。セッションハウス・ダンス部門企画監修。潟Zッションハウス代表取締役。91年、ダンスのための小劇場「セッションハウス」を設立。以来開かれたダンスクラスの運営と、多彩なダンスプログラムを企画し、公演活動の他、若手育成、国際交流と、幅広くコンテンポラリーダンスの活性化に尽力。年間40企画を超える公演及びワークショップ活動を実践、活動を継続中。93年、「マドモアゼル・シネマ」を設...

コンテンポラリーダンスとはテクニック、表現形態に共通の形式を持たない自由な身体表現=ダンスです。個々のからだを表現の元にした多様な手法を持ち、時代の流れの中を現在進行形で進みます。活動の場も舞台に限らず教育、福祉と社会の中に求めています。誰もがもっている“からだ”が最前線の表現です。セッションハウスで伝えるテクニックは、リリーステクニック・コンタクトインプロ・様々なフロアエクササイズ・バレエテクニ...

アニュアルレポートは1年間年にセッションハウスが行った劇場でのダンス公演・イベント情報やダンス界の振付家・批評家からの寄稿文による報告書です。年に一度4月頃発刊いたします。アニュアルレポート2018

アニュアルレポート2018

社会への関与の在り方などを模索しながら、活発な舞台活動に 取り組んでいるダンサーやアーティストたち。「アニュアル・レポート」は今号から、その彼らの声を軸にお届けすることとした。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top