神楽坂セッションハウス Session House ダンススタジオ 小劇場 ギャラリースペース

次の公演情報・ギャラリー情報

BF1 神楽坂セッションハウス

有観客+オンライン未来ダンスプロジェクト
―二つのレジデンスで持続可能な活動を―

開催日時

清水美紗都 『Life in a BUBBLE』
9月24日(金)18:00
柴田美和 『その骨の、体温の』
9月25日(土)18:00
宇野愛生 『死んだ眼は瞬きを求めた』
9月26日(日)18:00

 

有観客+オンライン未来ダンスプロジェクト

 

 

 

2F セッションハウス・ガーデン

セッションハウス クロッキー会

開催日時

2021年
9月26日(日) 13時30分開場 14時開始
10分固定ポーズx12回

 

セッションハウス クロッキー会

 

ダンスクラスについて

新型コロナウイルス対策として各クラスに定員を設けることとなりました。
リクルートのAirリザーブを使用してご予約を承っております。下記のご予約フォームリンクのカレンダーからご予約をお願いいたします。
また、お電話やお問い合わせフォーム等直接ご連絡いただいてもご予約可能です。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

 

 

コンドルズとマドモアゼル・シネマによるオンライン配信チケットの購入方法

 

 

有観客+オンライン未来ダンスプロジェクト 有観客+オンライン未来ダンスプロジェクト

有観客+オンライン未来ダンスプロジェクト

―二つのレジデンスで持続可能な活動を―


甲斐ひろな、伊藤まこと 『ぱらいそ』 8月28日(土)18:00
小林萌 『ON AIR』 8月29日(日)18:00
清水美紗都 『Life in a BUBBLE』 9月24日(金)18:00
柴田美和 『その骨の、体温の』 9月25日(土)18:00
宇野愛生 『死んだ眼は瞬きを求めた』 9月26日(日)18:00

 

 

 

笠井瑞丈監修公演『霧の彼方へ』

ダンスブリッジ2021

笠井瑞丈監修公演『霧の彼方へ』
2021年
9月18日(土)19:00
9月19日(日)13:00 /17:00

 

9月19日(日)17:00の回をstreaming+にてライブ配信いたします。

 

 

オンライン視聴券はe+のサイトより発売中です。以下のリンクよりお申し込みください。
ダンスブリッジ2021笠井瑞丈監修公演『霧の彼方へ』

 

 

平原慎太郎監修公演『Too Enough Medium』

ダンスブリッジ2021

平原慎太郎監修公演『Too Enough Medium』
2021年
10月9日(土)19:00
10月10日(日)13:00/17:00

 

10月10日(日)17:00の回をstreaming+にてライブ配信いたします。

 

 

マドモアゼル・シネマ ダンスブリッジ2021

マドモアゼル・シネマ ダンスブリッジ2021

『Tokyo そらの下で』 出演者 募集


観客とダンスに架け橋をかける「ダンスブリッジ2021」に、今年もマドモアゼル・シネマは参加します。
12月に行うこの公演で共に舞台に立つダンサーを募集いたします。作品は「東京物語」というマドモアゼル・シネマのレパートリーをもとに、2021年のTokyoに生きる人々の姿を視覚化します。

 

9月27日(月)21:00よりオープンリハーサル開始

 


 

シアター21フェス

シアター21フェス オンライン+ vol.126 "冬編"

感染対策としてイベント動員数規制が行われる昨今、セッションハウスでは毎季開催しているダンスオムニバス公演を観客席50席+ライブ配信でおこないます!
2022年もオンライン+ライブで開催が決定しました。

 


 

神楽坂ダンス学校夏校3日間集中朝クラス

柿崎麻莉子「Gaga people&柿崎レパートリークラス」

大好評だった「Gaga people&柿崎レパートリークラス」9月・10月に期間限定でワークショップを実施いたします。

 

ダンサー向けの「Gaga people」+「柿崎レパートリークラス」とダンス経験不問でご参加できるGaga peopleクラスとの2クラスがございます。

 

「Gaga people」+「柿崎レパートリークラス」はお申し込みが定員となりました。現時点ではキャンセル待ちのみの受付となっております。


 

平田クラス

平田友子監修

「ダンスの歴史をたどる基礎クラス」

 

バレエ〜モダン〜ポストモダンという変遷からくる方法論とテクニックを学び、 ムーブメントが要求するすべてを体現する力を養う。 何気なく行っているダンスムーブメントを基礎から整理し、理解を深めたい方へ。
5月6日(木)開始


 

ヴォイス・オブ・セッションハウス

 

ヴォイス・オブ・セッションハウス2020

 

2020年のセッションハウスの活動報告及びダンス界の振付家・批評家からの声を発信します。


 

神楽坂セッションハウス

セッションハウス入り口

神楽坂セッションハウスは東京神楽坂にあるダンスとアートのスタジオです。
地下のスペースは平日はバレエ、 コンテンポラリーダンスのオープンクラスに、週末は主にコンテンポラリーダンスの公演を行う小劇場となります。
2階のギャラリーは美術展及び演劇の小劇場として利用できます。


神楽坂セッションハウス
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
TEL.03-3266-0461
FAX.03-3266-0772  →アクセス

大きな地図で見る


神楽坂セッションハウスから「追憶のダンス」編

セッションハウスでは新型コロナウイルスのパンデミックの中、大勢の観客を入れてのライブ公演が難しくなったことからオンライン配信による公演を多数実施してきました。その中でカメラを通してカラダの動きのディテールを伝えていける新たなダンス表現のあり方を発見。その成果として、セッションハウスで活躍している近藤良平をはじめ多くのダンサーが結集し、コロナ禍のパリの地で客死した沖至のトランペットの音楽が響く中、これまで培ってきたカラダが内包する記憶を噛みしめながら、この災禍を乗り越えて未来に向かう想いをこめた踊ったダンス・セッションをお届けするものです。

 

ダンス公演ダイジェスト マドモアゼル・シネマ『途中下車』

2020年7月19日
コロナ禍の中オンラインでの公演を行った
マドモアゼル・シネマ『途中下車』のダイジェスト映像を作成しました。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top