セッションハウス・アワード ダンス花 vol.30

セッションハウス・アワード ダンス花 2019 vol.30

セッションハウス・アワードダンス花

もう一度みたいダンス、あつめました。
セッションハウスでおこなわれているノンセレクト公演から、上・下半期各5組ずつ、【もう一度見たいダンス作品】として選ばれたのが、セッションハウス・アワードダンス花です。毎年選抜10組の中から、今年のいち押しダンスとして【セッションベスト賞】が1組決まり、単独公演や他企画への出演につながっていきます。

 

【日程】2019年2月23日(土)16:00/19:00
【料金】前売2,600円 当日2,800円
【出演】
安心院かな・石原一樹『Nega-陰-』
大塚郁実『謝歌』
甲斐ひろな『プリティ・ヴェイカント』
神田初音ファレル/ FREEDOM RIDER『社会の窓』
武田摩耶『View』
【場所】神楽坂セッションハウス

 


出演者一覧

安心院かな/石原一樹

安心院かな/石原一樹
『Nega-陰-』

 

振付・出演:安心院かな・石原一樹

 

見たくない。 見てほしい。
知りたくない。 知ってほしい。
離れたい。 近づきたい。  
映り込む。 移り変わる。  
人 と ネガ。


PROFILE:
安心院かな…福岡県出身。5歳よりクラシックバレエを始め、高校卒業後カナダのGoh Ballet Academyに2年半留学。留学中コンテンポラリーダンスを宮内麻衣子に師事。帰国後、16年-18年3月までDance Company Lasta所属。17年4月より鈴木竜主宰のジュニアカンパニーL.A.B.に在籍。18年より竜氏が立ち上げたDance Company eltaninに旗揚げメンバーとして所属。

 

石原一樹…4歳よりクラシックバレエを、15歳よりコンテンポラリーダンスを始める。東京バレエ学校Sクラスを経て研修生として在籍中、東京バレエ団「ザ・カブキ」、シルヴィ・ギエム「ボレロ」等に出演。現在、学習院大学に在学しながら鈴木竜主宰L.A.B.、Nakamura Megumi Choreographic Centerに所属。

 

大塚郁実

大塚郁実
『謝歌』

 

振付・出演:大塚郁実


PROFILE:
93年生まれ。幼少から柴田恵美に師事。日本大学芸術学部演劇学科洋舞コース卒業。作品『It isn’t a story about war.』が「ダンスがみたい!新人シリーズ15」にてオーディエンス賞を受賞。現在、梅田宏明のSomatic Field Project、鈴木竜を芸術監督とするL.A.B.に参加。
sheepmansheepman@icloud.com

 

甲斐ひろな

甲斐ひろな
『プリティ・ヴェイカント』

 

振付・出演:甲斐ひろな

 

なんでもあるけど、なんにもない
窮屈で、退屈で、偏屈極まりない


PROFILE:
4歳よりクラシックバレエを始める。お茶の水女子大学舞踊教育学コース卒業。これまで森下真樹、中村蓉などの作品に出演。自身でも振付を行い、別府混浴温泉世界、可能性の獣たち2018オープニングアクト、HOKURIKU DANCE FESTIVALVなどに参加。

 

神田初音ファレル

神田初音ファレル/ FREEDOM RIDER
『忘れてない?』

 

振付・構成:神田初音ファレル

 

「忘れてない?」
忘れようともしてないけど、ズボンのチャックのように忘れてしまう時がある
私にとっては東日本大震災を始めとする、自然災害がそれにあたる
西日本豪雨や北海道胆振東部地震の被害が新たに出たわけだが、2年後にオリンピックが行われる頃には忘れられてしまうのだろうか
「Pray for 〜」は一時の結束なのか?


PROFILE:
Shawn K. Farrell
1994年 9月19日生まれ。静岡県出身。桜美林大学芸術文化学群演劇専修を卒業。コンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。在学中から木佐貫邦子作品にダンサーとして出演。学生時よりダンス作品創作に取り組み、7作品を発表。ソロプロジェクト団体 FREEDOM RIDER主宰。【Twitter】@FREEDOMRIDER_Co

 

武田摩耶

武田摩耶
『View』

 

振付・出演:武田摩耶

 

私は美しいことを言えない
美しい顔を持たない
美しい服は似合わず
あなたに美しい感情を抱かない
ただ、あなたが二十年ほど前どこかの病院で生まれたこと
家族や友人に愛されてきたこと
それを推し量ることが出来る
私の人らしさはそこにしかないのです
花束の詩
(最果タヒ『死んでしまう系のぼくらに』)


PROFILE:
愛知県出身。7歳よりクラシックバレエとモダンダンスを始める。高校卒業後上京し、日本女子体育大学に進学。2016年9月より二瓶野枝主宰Dance Company Nect 所属。大学卒業後、カンパニー公演の他、自身の振付作品や演劇作品、地元愛知でのイベントやダンス公演に参加する等、幅広く活動を展開している。takeda.maya.0119@gmail.com

 

主催・制作:セッションハウス企画室(伊藤孝・鍋島峻介)
プログラムディレクター:伊藤直子
共催:潟Zッションハウス

セッションハウス・アワード ダンス花 vol.30コンテンツ

セッションハウス・アワード2018チャレンジ賞 江上真子『Juliet』に決定!“2018年「ダンス花・アワード」受賞者発表”2018年も“シアター21フェス″シリーズから「もう一度観たいダンス」として、観客(アンケート等)から選ばれた10組に「ダンス花アワード」にご出演いただきました。今年の10作はパフォーマンス賞に値するものが並び、踊る姿勢に感銘を受けるとともに、近年ダンサーのテクニック、作品...

セッションハウス・アワード2017“セッションベスト賞”スッポンザル(小林利那・藤島美乃里)『鼈』に決定!“2017年「ダンス花・アワード」受賞者発表”2017年は“シアター21フェスシリーズ”から選ばれた10組に、「ダンス花アワード」にご出演頂きました。様々な価値観を見せるコンテンポラリーダンスにあって優劣の決定は難しく、セッションベスト賞はまず観客の「もう一度観たい」が第一関門です。次の賞選出...

セッションハウス・アワード2016審査員賞 松本武士『ーdokoー』観客賞 五十嵐結也『さよならともぢくん』に決定しました。“2016年「ダンス花・アワード」受賞者発表”今回も「もう一度見たいダンス」として選出された個性的な10作品が並びました。視点を変えるとどれが選ばれても不思議ではない作品が揃いました。選考にあたり@作品の強度A独自の身体性B外への発信力などを基準に、各自が選考。審査員がそれぞ...

セッションハウス・アワード2015観客賞 DEBEDEBE☆1号『ewig』奨励賞 tantan『生きるために食う。』に決定しました。“2015年「ダンス花・アワード」受賞者発表”今回のアワードでは、たくさんの刺激を受けました。 コンテンポラリーという不可解な分野を軽く飛び越える試みがあったと思います。その時代の「作品」、今だからこそ創り上げた「作品」である!という確信的なもの。 または持続して心...

セッションハウス・アワード2014第3回セッションベスト賞鈴木竜『Agnus』に決定しました。池野惠評まず観客を惹き付けるだけの魅力を持ったキャラクターで、コンテンポラリー・ダンス界では数少ないカリスマの1人だと思います。武道のような動きは明瞭ですが、作中語られる「夢」とテーマの「犠牲」との関係が今ひとつ不明につき、作品として少々物足りなさが残りました。しかしながら私の考える振付能力とは、自作自演...

セッションハウス・アワード2013第2回セッションベスト賞小暮香帆『涙の球体』に決定しました。また、近年のセッションハウスでの目覚しい活動を評価し、2013セッション奨励賞を望月崇博に授与することを決定しました。第2回セッションベスト賞小暮香帆『涙の球体』セッションハウスノンセレクトダンスプログラム、「シアター21フェスシリーズ」では、毎年80作品を越えるダンスが上演されています。その中から選ばれ...

セッションハウス・アワード2012“第1回セッションベスト賞 中村蓉『別れの詩』に決定しました。第1回セッションベスト賞中村蓉『別れの詩』2012年に上演されたシアター21フェスシリーズ80作品の中から選出された10作品によるセッションハウス・アワード「ダンス花」への参加作品は。6月公演 @愛知伸江×永井由利子 A柿崎麻莉子 B清藤美智子 C中村蓉 D森政博12月公演 @奥野美和 A咲〜saku〜...

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top